楽しみな夏期講習Q&A集(その1)-大阪通信 Vol.32 配布開始しました

大阪通信 Vol.32 配布開始しました。楽しみな夏期講習を迎えるにあたって-Q&A集(その1)-です。

少し覗いてみましょう。

----------

Q.「先生の意気込みと決意を教えてください。」

A.「体力、気力、学力…一つでも欠けたら、夏休みを乗り切ることができません。なかんずく天王山たる合宿に、一瞬のごまかしも効きません。率先垂範、自ら先頭に立ちますのが、私のやり方です。誰かにやらせて左団扇と、そんなものは全く私の性に合いませんから、断固排撃します。しかしながら、正直申し上げて、寄る年波が天敵です。若いころのようにはいきません。だからこそ、逃げない、放らない、うそをつかない…中入三原則の原点に立ち返ります。夏を乗り切ることができなくなったら、合宿を貫徹できなくなったら、潔く”引退”…これが自分自身に課したハードルであります。日曜日になるとあっちゃこっちゃ歩き回っている不思議なおじさん(←私ですね)は、急速に衰えていく体力を維持しようと真剣に生きています。学生運動やめたあとは単なる余生ですと自嘲する寂しげなおじさん(←私ですね)は、実は読み続け知り続け考え続けることを決して放棄していません。物言わぬ前方後円墳に、失われた国民の誇りを探し求める旅を、決してやめません。立ち向かい続け、勉強し続ける背中を、まじかにご覧の皆さん、願わくは共に頑張ろうではありませんか。我が心の師・吉田松陰先生は、諸友(共に学び続ける友)のために松下村塾をつくられました。私も我が師とこころざしを同じくするものなのです。」

----------

なるほど、覚悟のほど、諒解しました。「俺についてこい!」ってわけですね。頼もしいです。

大阪通信 Vol.32、石川数学塾大阪・学園前教室にて好評配布中です。ご自由にお持ちください。

なお、中入倉庫に大阪通信のバックナンバーが揃っています。今週の 大阪通信 Vol.32 も、既に収納してあります。もちろん先週の 大阪通信 Vol.31 も新収納しました。ご覧になってみてください。

先週まで暫定収納しておりました「夏セット」(Vol.29参照)ですが、石川数学塾大阪のHP・季節講習のページに掲示しましたので、しばらくしましたらタイミングよく削除します。よろしくご了解ください。

石川数学塾大阪
学園前教室長・杉浦

完遂のススメ

中学・高校生の皆さんは定期テスト前後の方が多いと思います。
テストに向けての調子はいかがですか?
また、終了した人は結果はどうでしたか?

今回は前回に引き続き、数学の勉強の仕方について話したいと思います。

前回の「熟考」により、問題を考えても解けなかった場合、解答・解説があれば、それに頼る訳ですが、その解答を単にノートに転記するだけでなく、文言を一言一句噛み締めるように確認して下さい。
たとえ一読で理解できなくても何度も何度も読み込んで下さい。
そして理解できたら、解答を閉じて、新しいページにその解答を再現してみて下さい。
きちんと理解できていると、間もない事もあるので、たやすく再現できるでしょうし、
理解が不十分だと途中で詰まってしまい、再現ままならないことと思います。
その場合はもう一度、解答を納得いくまで熟読して下さい。

勉強に限らず、「なぁんだ。わかったわかった。」と自分では分かったつもりでいても、
いざ実践しようとしても出来ない事は皆さん良くあることだと思います。

「ひとつひとつ、最後まできっちりとやりきる。」ことを普段から心がけるようにしましょう。

高の原教室 飯尾

平均点は目標にあらず!

中間テストの日程も発表になり、いまこの時も目の色を変えて試験勉強に励んでおられることだと思います。

ところで、みなさんは中間テストの目標をたてられましたか?
もちろん「すべての教科満点が目標です」っとおっしゃられる方もいるでしょうが…。
この問いに対して謙遜(?)なのか、「平均点が目標」という答えを聞くことがあります。

でもちょっと待ってください。平均点って…何点なんだ???
そもそも平均点は採点の結果が出て初めてわかるものですよね。ですから平均点が目標って聞くと、よっぽど自信が無いのか、はたまた実際はあまり考えていないのか。

どちらにせよ、平均点は目標にはなりえないと思うのです。

よしんば前回の平均点(例えば70点だとすると)をイメージして目標をたてたとしても、やはり「目標は70点」と答えるべきです。具体的な数値で目標をたてることを心掛けましょう。

具合的な数値で目標をたてることで「結果」の成否もはっきりでます。「良かった」「悪かった」では無く、「○○はできた」「○○はできなかった」という具合に。

「結果」には必ず「理由」があります。「結果」を変えたければ「やり方」を変えれば良いのです。

具体的な目標設定は成功への第一歩です。是非、定期テストでも具体的な数値で目標をたてることを習慣にして欲しいのです。

学習計画や結果の検証(見直し)についてはまたの機会にお話していきます。

上本町教室 中土井

夏セット、お届けします -大阪通信 Vol.29 配布開始しました

大阪通信 Vol.29 配布開始しました。「夏セット」と言いますと…

1)大阪通信 Vol.29

2)石川数学塾大阪・学園前教室 夏期講習のご案内(表)

3)石川数学塾大阪・学園前教室 夏期講習のご案内(裏)

4)石川数学塾大阪・学園前教室 夏期合宿のご案内(表)

5)石川数学塾大阪・学園前教室 夏期合宿のご案内(裏)

…ですね。2)~5)は、石川数学塾大阪のHP・季節講習のページに載るまでの暫定公開です。

今号の大阪通信は、夏期講習に向かうための檄文といったもののようです。少し覗いてみましょう。

----------

【お勧めの夏】

まず夏合宿に行く決意を固めましょう。ガレージベンチャーだったころから「中学入試の」山小屋と呼ばれていますが、今や小学校低学年から社会人まで、勉強するんだという固い意志さえあれば誰でも参加できます。普段の通常授業では、受講曜日や受講頻度の違いから、なかなか共に学べない同輩や先輩とも、時空を共有して切磋琢磨できます。卒業生がスタッフとして参加し、貴重な体験談、人生論、受験論を語ってくれます。後輩たちが、あなたをお手本にしています。だからいやがおうにも、気合が入りますね。規則正しい生活と集中力あふれる勉強によって、よしんば乱れた夏休み前半を過ごしていたとしても、正しく気づき・直し、多くは前半戦の苦労が報われる喜びに沸き、まちがっても後半戦を無為に過ごすことがない、そんなゲートポジションだと考えてください。

決意が固まったら、スケジュールノート(黄色)の見開き1ページに、合宿4日間の予定をびっちり書き込みましょう。気合十分なら1マス1ページ、百歩譲っても1マスに大問1問です。さて、ここで深呼吸。手元に書きなぐったスケジュールノートを見てください。これが今あなたが、「夏休みにやってしまいたい」と思っていることのすべてです。なんでもかんでも「合宿任せ」は良くないですね。合宿に行ったからって、一日が48時間になるわけではないからです。夏休みが合宿だけで潰れるわけでもありませんし。要するに「夏休みにやってしまいたい」ことを、まんべんなくバラけてほしいのです。

夏休みは長いです。7月14日(月)から8月31日(日)まで、ほぼ7週間あります。合宿は、このうちの三泊四日でしかありません。バラけているうちに気づくと思いますが、長期休暇中は原則的に学校休業ですから(クラブ活動などの例外もあります)、通常授業以外にも勉強の機会を増やせますね。いや、増やしたくなりますね。もしかすると、増やさざるを得ませんね。思い立ったが吉日、「スケジュール&お申込用紙」の講習授業に、チェックを入れてしまいましょう。こうすれば自然と有意義な夏休みを過ごせます。勝利の女神は、克己(こっき)するものに微笑むのです。

【ヘビーユーザー割引・毎日必ず登場プラン】

部屋・小部屋・割込を問わず、毎日1回ずつ相当以上のご予定(合計36回以上、特別講義含まず)+合宿をお考えの皆さん。

合宿費用を除く、部屋・小部屋・割込の合計費用を3%減額いたします。

----------

なるほど、読んだら得するような気がしてきました。いや、読まないと損するような気がしてきました。

大阪通信 Vol.29、石川数学塾大阪・学園前教室にて好評配布中です。ご自由にお持ちください。

なお、中入倉庫に大阪通信のバックナンバーが揃っています。今週の 大阪通信 Vol.29も、既に収納してあります。ご覧になってみてください。

学園前教室長・杉浦

熟考のススメ

皆さんお待ちかねのゴールデンウィークがやって来ましたね。

まとまった時間が取りやすいので、普段ではなかなか出来ないことが出来、
貴重な経験を積むことが出来る良い機会です。
趣味や旅行など、楽しみな計画を立てて、実行されている方も多いと思いますが、
この期間はまた、物事を落ち着いて時間をかけてじっくりと考えることが
出来る良い機会でもあります。

特に、「数学・算数」は、物事を、そのつど論理的に考えて、解決していく事を学ぶ、
良いモチーフ(題材)です。
ですから、「数学・算数」は単に数字の扱いや計算だけでなく、
「考え方を学ぶ学問」とも言えるでしょう。

学生の皆さんは、普段日頃は日々の課題、宿題に追われて、
一問一問じっくりと考える事が出来ない事が多いと思いますが、
わからない問題に出くわした場合、答えをすぐに見る事を我慢して、
いつもより長くじっくりと考えてみて下さい。
5分、15分、30分、1時間、1日、1週間・・・
考え続けているとあっと言う間に時間が過ぎて行くと思います。
「時間がもったいない。」と思うかもしれませんが、
この時間は脳をパワーアップするのにとても大切な時間です。決して無駄ではありません。

また、時間をかけて解けた時の爽快感は筆舌に尽くしがたいものです。
もし解けなくても、物事を色々な方向から多角的に考えてみることは
今後将来、必ず自分自身を救ってくれることでしょう。

この様に効能の高い、「考えること」の楽しさ、面白さを、ぜひこの機会に味わってみて下さい。

高の原教室 飯尾

熟考のススメ

皆さんお待ちかねのゴールデンウィークがやって来ましたね。

まとまった時間が取りやすいので、普段ではなかなか出来ないことが出来、
貴重な経験を積むことが出来る良い機会です。
趣味や旅行など、楽しみな計画を立てて、実行されている方も多いと思いますが、
この期間はまた、物事を落ち着いて時間をかけてじっくりと考えることが
出来る良い機会でもあります。

特に、「数学・算数」は、物事を、そのつど論理的に考えて、解決していく事を学ぶ、
良いモチーフ(題材)です。
ですから、「数学・算数」は単に数字の扱いや計算だけでなく、
「考え方を学ぶ学問」とも言えるでしょう。

学生の皆さんは、普段日頃は日々の課題、宿題に追われて、
一問一問じっくりと考える事が出来ない事が多いと思いますが、
わからない問題に出くわした場合、答えをすぐに見る事を我慢して、
いつもより長くじっくりと考えてみて下さい。
5分、15分、30分、1時間、1日、1週間・・・
考え続けているとあっと言う間に時間が過ぎて行くと思います。
「時間がもったいない。」と思うかもしれませんが、
この時間は脳をパワーアップするのにとても大切な時間です。決して無駄ではありません。

また、時間をかけて解けた時の爽快感は筆舌に尽くしがたいものです。
もし解けなくても、物事を色々な方向から多角的に考えてみることは
今後将来、必ず自分自身を救ってくれることでしょう。

この様に効能の高い、「考えること」の楽しさ、面白さを、ぜひこの機会に味わってみて下さい。

高の原教室 飯尾

HP更新情報!

平成26年5月1日付け、次の更新を行いました。

1)学園前教室の教室案内文を更新しました。

大学入試の部屋(数ⅡB、数Ⅲ、物理、化学、大学入試全般)が復活しました。桜木龍先生から、檄文アッピールあります。学園前教室の案内ページをご覧ください。

2)高の原教室・上本町教室の在籍状況を更新しました。

携帯電話からアクセスいただくページに公開いたしております。

3)季節講習のページを更新しました。

春期講習案内を取り下げました。1ヶ月後に夏期講習案内を掲示します。ご期待ください。

ブラウザによっては自動でリロードされません。その場合は、「最新の情報に更新」願います。

石川数学塾大阪・広報部
杉浦 功

春の「歩こう会」、楽しかったです!

雲一つない青空のもと、4月27日(日)、春の「歩こう会」敢行しました。今回は総勢16人、午前8時、JR三輪駅に結集しました。

まずは大神(おおみわ)神社にお参り。道中の無事を祈願します。茅原(ちはら)弁天社古墳、茅原狐塚(きつねづか)古墳、茅原大墓(おおはか)古墳にて、石室構造や版築(はんちく)、段築、葺石(ふきいし)など、古墳の築造法とその見方、さわり方について学びます。

茅原からしばらく北行、箸中(はしなか)地区を中心に、いよいよ邪馬台国ワールドに突入。ホケノ山古墳、国津神社(くにつじんじゃ)裏古墳、箸墓古墳、東田(ひがいだ)大塚古墳、矢塚古墳、勝山古墳、纏向石塚古墳に3世紀墳の醍醐味を味わいました。

その後、2・3号墳間の杜が伐採されて、観察しやすくなった珠城山古墳群をはさみ、いよいよ山辺道、初期ヤマト王権に進みます。渋谷向山(しぶたにむかいやま)古墳(伝景行天皇陵)、櫛山(くしやま)古墳(ヤマトには珍しい双方中円墳)、行燈山(あんどんやま)古墳(伝崇神天皇陵)と巨大墳が連続します。

さてこれだけたくさんの古墳を観察してきても、既に発掘が終わっていたり、宮内庁管理であったりして、玄室と石棺・木棺を含んだ埋葬構造には到達しておりません。そこで、行燈山からJR柳本駅に向かう途中、33面もの三角縁神獣鏡を出土した黒塚(くろつか)古墳に立ち寄りました。ここには石室と木棺が復元されております。未盗掘で発見されたものです。なるほど、古墳の主体部って、こうなっていたんですね。

楽しみにしていた今回のお土産は、古墳クリアファイルでした。歩こうルートつきです。この近辺を、もう50回以上も歩いた私ですが、早くももう一度歩きたくなってきました。いつの日か皆さんと、この邪馬台国・初期ヤマト王権の地で再会しましょう。楽しみにしています!

学園前教室・杉浦

流れ星が流れる間に3回願い事を言うと・・・。

春とは言いながら、昼間はもう初夏のような陽気ですね。それに比べて朝のなんと爽やかなこと。寒暖の差が大きいこともあるのでしょうが、「ああっ、春はやっぱりあけぼの」と思ってしまうこのごろです。

さて、新学期がはじまってから、「あっ!」と言う間に2週間余りが過ぎました。

新しい学校、新しいクラス、新しい友達、新しい教科書、新しい・・・ってな具合に新鮮な環境に飛び込んだ人もやっと慣れてきたころではないかと思いますがいかがですか?

新しいと言えば、新学期、新学年を向かえるにあたって、「目標」や「決意」や「想い」を新たにした人も多いのではないかと思います。

こんな言い伝えを聞いたことがありませんか?「流れ星が流れる間に3回願い事を言うと叶う。」っていう話。これって本当なのでしょうか?

私は本当だと信じています。

流れ星が流れるのを観たことがある方ならお分かりかと思いますが、ほんの一瞬の出来事です。長くても3秒以内だと思います。そんな一瞬の間に3回も願い事を言うなんてなかなか出来ません。本当にいつもいつも願い事のことを考えていないとはっきり言って不可能です。

実はそこにこの言い伝えの真理があります。

流れ星の流れる一瞬の間にも3回言えるくらいになるには、日頃からいつもいつも願い事を想っている人なのです。それ位本気で願いを叶えようとしている人だけが、本当に願いを叶えることができるということなんですね。そして願い事を叶えるためには行動(努力)が大事だと伝えているようにおもいます。

願い事・・・言い換えれば「目標」や「決意」や「想い」だとも言えます。

新しいその想いを叶えるスタート地点に立ったのですから、そのことについていつもいつも考え続け、行動し続けていきましょう。

その「目標」や「決意」や「想い」がきっと叶うことを願ってやみません。

上本町教室 中土井

春の歩こう会、4月27日(日)に敢行!

お待たせいたしました。

石川数学塾大阪・学園前教室主催、春の歩こう会を4月27日(日)に敢行と決しました。

今年は一昨年に続いて、邪馬台国と初期ヤマト王権を歩きます。

詳細、別紙 pdf をご参照ください。

皆さんのご参加をお待ちしております。

学園前教室長・杉浦