中学生の中間テスト対策。

ゴールデンウィークも終わり、
いよいよ、中間テストの時期になりました。

公立中学の中間テストは、

1年生・・・・主に正負の数、足し算、引き算、掛け算、割り算などの計算中心。

2年生・・・・式の計算(単項式、多項式の加法、減法、乗法、除法)の計算中心、または、1部で連立方程式計算

3年生・・・・式の計算と展開、因数分解などの計算


高校生は学校によりかなり範囲や内容に差がありますが、
総じて、1年間に行われるテストで、今回のテストが1番点が取りやすいってことです。

もう一度、上のテスト範囲を見てください。
1番点を取りやすいのは何故か?・・・・・・・・・・・・

問題が計算中心となるからです。

「計算のやり方がわからない。」 って方は少ないと思います。
では、今からでも数学を勉強して、少しでも点をとる方法は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・
・・・・
・・

ずばり、計算まちがいをしないってことです。

計算はある程度、間違うつもりが無くても間違うものだから仕方ない??と思ってる方は
間違いを自然に少なくする方法があります。
それは・・・・・。

 シンプルです。

計算を頭の中で解かないことです。

計算の整理をすべて頭で考えずに、これがこうこれとこれでこうと・・・???

つまり、途中の計算を飛ばさずに解くことです。

文章で説明するのは難しいですが、丁寧に計算することで、間違いは少なくなりますので、
そのことを注意しながら、今回のテスト頑張ってみてください。

石川数学塾大阪