期末テスト直前案内(香里園駅前教室)

香里園駅前教室の川添です。

今回、期末テストの期間、自習(自習なので解説はしません科目自由)できるように
座席を開放しますので、通塾生は、奮ってご参加ください。

●日 程:7月1日(土)・ ②7月4日(火)

●時間帯:①15時~18時30分までの自由入退出
      ②17時~21時までの自由入退出

●注意:座席に限りがありますので、寝る人はご退出いただきます。
 飲み物の持ち込みは可。 食べ物の持込は不可でお願いします。

※通塾生及びそのご兄弟のみの参加可能ですのご注意ください。

●事前のお申し込みは要りません。

今回の期末テストの注意は

★中間テストが終わって1ヶ月位で、もう期末テスト・・・・・。

と言うことです。

 つまり、数学で言いますと 以前お伝えしましたが、1学期中間テストはどの学年も
テスト範囲は計算だったと思います。
しかし、、期末テストになりますと、その計算を使った 応用問題、文章問題
を中心とした範囲になり、
どんな文章問題が出題されても解けるようになるには、
相当数の練習問題をこなさないといけません
もう、期末テストがはじまります。

・・・・そうです。
テスト対策は、中間テストの計算問題をこなす以上の時間が掛かると言う事です。

中学1年・・・文字式及び文字式応用、方程式計算。
中学2年・・・連立方程式及び連立方程式応用
中学3年・・・因数分解とか平方根

※教室責任者が監視しますので、集中して頑張りませんか?
暗記科目などドンドン覚える機会にしましょう。

香里園駅前教室 川添

大阪通信 Vol.119 配布開始しました -夏講へのお誘い&決意表明です

大阪通信 Vol.119 配布開始しました。夏講へのお誘い&決意表明です。

右半分のお誘いは、極めて標準的な生徒が夏講に誘われることを想定して書かれたものです。

左半分の決意表明を、ちょっと立ち読みしてみましょう。

——————–
正直言って「生き残れるだろうか?」と今年も思う。18や19(歳)の頃(いわゆる「夏期講習」を始めた頃)よりも、明らかに体力減退している。努力の結果、少なからず実績を残せたことも事実である。しかし実績だけで飯を食い始めたら、この業界を去る日も近い。気力は実績に反比例する。気力でカバーしていたものを、今や人々は幻視するようになる。真実は誰が語っても真実である。私が語らなければならないわけではない。考えれば考えるほど、老いぼれていく。もはや隠しようがないのかもしれない。
しかしながら、語り残したことがある。まだまだ語らねばならぬことがある。「聞きたい」という者たちがいる。聞かせずに終わるわけにはいかない。若者にとっては他愛もないことに、苦しんでいるかもしれない。隠しようもないし、隠すつもりもない。苦しんでいる私を見てほしいと思う。どれだけ苦しもうが、譲れない一線がある。
我が理想は時代に逆行しているかもしれない。苦しみは少なく、得るものは多く、オシャレに、スマートに…敢えて、この道を歩みたくないと思う。苦しんで得たものは一生忘れない。誰かに与えられたものは、しょせん一時しのぎだ。喉もと過ぎて、熱さを忘れるだけだ。およそ得られるものなどない。時代遅れ上等!我が目の黒いうちは、ここは「昭和」の塾だ。「大正」でも「明治」でもよい、いっそのこと(吉田松陰先生さえ許してくれるなら)「松下村塾」で結構だ。
熱く語れる季節がやってきた。真夏日も熱帯夜も、ウェルカムだ。語り、悩み、苦しみ、脳が汗をかいた時、人生の至宝が生まれる。だからこそ耐えようではないか。奮おうではないか。同志諸君、今年も君たちの一言を待っている。「すばらしい夏を、ありがとう」と。その時、初めて、老師は心安らぎ、来期を期すのだ。今期も君たちの熱意を待っている。老師は命を賭け、きっと成果を上げて見せようぞ。長く戦場を駆け抜けた人生の、総決算を期するが如くに!
——————–

今年も並々ならぬ覚悟と拝察仕りました。

書き忘れましたが、右半分のお誘いは、授業中に手渡ししてもらえる生徒に、個別に内容を調整して手書きされるそうです。

大阪通信 Vol.119、石川数学塾大阪・学園前教室にて好評配布中です。ご自由にお持ちください。

なお、中入倉庫に大阪通信のバックナンバーが揃っています。今週の大阪通信 Vol.119 も、倉庫からダウンロードできるようになっています。

みなさん、ぜひ一度、ご覧になってみてください。

石川数学塾大阪
学園前教室長・杉浦

【高の原教室】定期テストに向けて自習室開放します

奈良・高の原教室の飯尾です。

梅雨らしく、蒸し暑い日が続いていますね。
さて、高校・中学の早いところでは、来週から定期テストが始まる様です。
そこで、当教室では、

勉強するヤル気のある方に限り、

無料で自習室を開放しております。
基本的に、授業の有る曜日・時間帯でご参加可能です。(ご予約不要)

熱意のある方、大いに歓迎いたします!!

学期末テスト対策(香里園駅前教室)

香里園駅前教室の川添です。

今回、期末テストの期間、自習(自習なので解説はしません、科目自由)できるように
座席を開放しますので、通塾生は、奮ってご参加ください。

●日程:6月24日(土)、7月1日(土)

●時間帯:15時~18時30分までの自由入退出
      (例・16時に来て17時に帰る)

●注意:座席に限りがありますので、寝る人はご退出いただきます。
 飲み物の持ち込みは可。 食べ物の持込は不可でお願いします。

※通塾生及びそのご兄弟のみの参加可能ですのご注意ください。

●事前のお申し込みは要りません。

今回の期末テストの注意は

★中間テストが終わって1ヶ月位で、もう期末テスト・・・・・。

と言うことです。

 つまり、数学で言いますと 以前お伝えしましたが、1学期中間テストはどの学年も
テスト範囲は計算だったと思います。
しかし、、期末テストになりますと、その計算を使った 応用問題、文章問題
を中心とした範囲になり、
どんな文章問題が出題されても解けるようになるには、
相当数の練習問題をこなさないといけません
増して、来週、再来週辺りには、期末テスト1週間前となります。

・・・・そうです。
テスト対策は、中間テストの計算問題をこなす以上の時間が掛かると言う事です。

中学1年・・・文字式及び文字式応用、方程式計算。
中学2年・・・連立方程式及び連立方程式応用
中学3年・・・因数分解とか平方根

一日でも早く、練習問題を数多く解いてゆく事をお勧めします。

香里園駅前教室 川添

学期期末(定期)テスト対策日曜特別講習を開講します。

1学期も残すところひと月余りとなりました。期末(定期)テストまで23週間といったころでしょうか。

中間テストはGWやら体育祭や様々な行事でテストの範囲も然程多くはなかったようですが、期末テストはしっかり対策をしておかないと目も当てられない結果になってしまいますよ。

石川数学塾上本町教室では期末(定期)テスト対策として、既塾生のみなさんや季節講習生のみなさんとそのご紹介者(お友達)を対象に「日曜特別講習」を開講しています。

そこで今回は特別にこのブログをご覧の方を対象に「日曜特別講習」の参加を受付いたします。日程・時間などは下記の通りです。

開催日…6/25()7/2()

時 間…10001500の間で2時間、4時間、通しのいずれか。

場 所…石川数学塾大阪 上本町教室

※定期テスト対策日曜特別講習につきましては、当該学年ではなくテスト対策の内容範囲に依る料金設定となります。

※教科・内容に依りまして、授業の最少開催人数を設定いたします。また参加人数に依りましては参加時間帯の調整を行うことがありますので、予めご了承ください。

尚、受講料などにつきましては、直接上本町教室の方にお問い合わせください。

上本町本部教室 中土井

 

 

 

 

 

大阪通信 Vol.118 配布開始しました -楽しみな夏講(3)です

大阪通信 Vol.118 配布開始しました。楽しみな夏期講習を迎えるにあたって(その3)です。

楽しみな夏講、略して「楽夏」、最終回です。

ちょっと立ち読みしてみましょう。

——————–
Q.「とどのつまり、勉強って何ですか?」

A.「知らないことを知って、わからないことをわかって、解けない問題が解けるようになることです。修業を積めば、誰でもできるようになりますが、サボるとできなくなります。多くの皆さんにとって、最初は単なる苦痛です。痛みに耐えて頑張っていると、知ることができ、わかるようになり、解けるようになって、賞賛されます。苦しいのは嫌だから、少しでも楽にできないか!ですって?皆さん、少なくとも一生に一秒は、必ず思い及んだことですね。誰もが願い、誰もが実現できませんでした。まるで誰もが、長い一生に一度は解きたいと願ったにもかかわらず、誰も解けないまま終わっている難問のように。誰かきっと解いているはずだ、という妄想と、きっと楽な道程があるはずだ、という希望的観測(絶望的観測?)が、見事な一対をなしているのです。あきらめてください。近道などありません。しかしすべからく艱難辛苦の道であっても、良き先達がいましたら、少しは楽に感じられるものかもしれません。それでもやはり、解けなくて苦しむのも自分、解けるようになってうれしいのも自分、誰かが代ってくれそうだと、勘違いしないでください。」
——————–

おおっと、本質論ですね。先生、常々こんなことをおっしゃっておいでです。

勉強論ってのは、大雑把に分けて本質論と方法論に分かれますね。本質論は哲学論的深みが感じられる反面、甲論乙駁、バトルロワイヤルになりがちです。特に勉強論というか教育論は、誰もが自己経験として発言権を持つ内容ですし、喉元過ぎて熱さを忘れても、息子さん、娘さんの受験が待っていますからね(笑)。いきおい、本来本質論を語るべき本職たち、学校の先生であったり、塾の先生であったり、彼らの腰が引けて万事方法論に矮小化しようとする浅はかな企みには、義憤を通り越して哀れみを感じることが多くなってきました。このさい、ここはひとつ、覚悟を決めて蛮勇を奮って、勉強の何たるかを語ってこそ、「本職」なのではないでしょうか!

大阪通信 Vol.118、石川数学塾大阪・学園前教室にて好評配布中です。ご自由にお持ちください。

なお、中入倉庫に大阪通信のバックナンバーが揃っています。今週の大阪通信 Vol.118 も、倉庫からダウンロードできるようになっています。

みなさん、ぜひ一度、ご覧になって、議論の輪に加わってみてください。

石川数学塾大阪
学園前教室長・杉浦

大阪通信 Vol.118 配布開始しました -楽しみな夏講(3)です

大阪通信 Vol.118 配布開始しました。楽しみな夏期講習を迎えるにあたって(その3)です。

楽しみな夏講、略して「楽夏」、最終回です。

ちょっと立ち読みしてみましょう。

——————–
Q.「とどのつまり、勉強って何ですか?」

A.「知らないことを知って、わからないことをわかって、解けない問題が解けるようになることです。修業を積めば、誰でもできるようになりますが、サボるとできなくなります。多くの皆さんにとって、最初は単なる苦痛です。痛みに耐えて頑張っていると、知ることができ、わかるようになり、解けるようになって、賞賛されます。苦しいのは嫌だから、少しでも楽にできないか!ですって?皆さん、少なくとも一生に一秒は、必ず思い及んだことですね。誰もが願い、誰もが実現できませんでした。まるで誰もが、長い一生に一度は解きたいと願ったにもかかわらず、誰も解けないまま終わっている難問のように。誰かきっと解いているはずだ、という妄想と、きっと楽な道程があるはずだ、という希望的観測(絶望的観測?)が、見事な一対をなしているのです。あきらめてください。近道などありません。しかしすべからく艱難辛苦の道であっても、良き先達がいましたら、少しは楽に感じられるものかもしれません。それでもやはり、解けなくて苦しむのも自分、解けるようになってうれしいのも自分、誰かが代ってくれそうだと、勘違いしないでください。」
——————–

おおっと、本質論ですね。先生、常々こんなことをおっしゃっておいでです。

勉強論ってのは、大雑把に分けて本質論と方法論に分かれますね。本質論は哲学論的深みが感じられる反面、甲論乙駁、バトルロワイヤルになりがちです。特に勉強論というか教育論は、誰もが自己経験として発言権を持つ内容ですし、喉元過ぎて熱さを忘れても、息子さん、娘さんの受験が待っていますからね(笑)。いきおい、本来本質論を語るべき本職たち、学校の先生であったり、塾の先生であったり、彼らの腰が引けて万事方法論に矮小化しようとする浅はかな企みには、義憤を通り越して哀れみを感じることが多くなってきました。このさい、ここはひとつ、覚悟を決めて蛮勇を奮って、勉強の何たるかを語ってこそ、「本職」なのではないでしょうか!

大阪通信 Vol.118、石川数学塾大阪・学園前教室にて好評配布中です。ご自由にお持ちください。

なお、中入倉庫に大阪通信のバックナンバーが揃っています。今週の大阪通信 Vol.118 も、倉庫からダウンロードできるようになっています。

みなさん、ぜひ一度、ご覧になって、議論の輪に加わってみてください。

石川数学塾大阪
学園前教室長・杉浦

講習案内が出来上がりました

奈良・高の原教室の飯尾です。

梅雨時とは思えないほど、爽やかな初夏の日々が続いていますね。
さて、夏と言えば・・・、そうです!お待ちかねの夏期講習です。(^^♪

今週、ようやく講習案内が出来上がりましたので、塾生の方にはご案内始めています。
塾生でない方は、各教室までお受け取りにお越しいただくか、

当塾HPの季節講習のページよりダウンロード出来ますので、どうぞご利用下さい。

講習案内が出来上がりました

奈良・高の原教室の飯尾です。

梅雨時とは思えないほど、爽やかな初夏の日々が続いていますね。
さて、夏と言えば・・・、そうです!お待ちかねの夏期講習です。(^^♪

今週、ようやく講習案内が出来上がりましたので、塾生の方にはご案内始めています。
塾生でない方は、各教室までお受け取りにお越しいただくか、

当塾HPの季節講習のページよりダウンロード出来ますので、どうぞご利用下さい。

期末テスト対策(香里園駅前教室)

香里園駅前教室の川添です。

今回、期末テストの期間、自習(自習なので解説はしません、科目自由)できるように
座席を開放しますので、通塾生は、奮ってご参加ください。

●日程:6月17日(土)、24日(土)、7月1日(土)

●時間帯:15時~18時30分までの自由入退出
      (例・16時に来て17時に帰る)

●注意:座席に限りがありますので、寝る人はご退出いただきます。
 飲み物の持ち込みは可。 食べ物の持込は不可でお願いします。

※通塾生及びそのご兄弟のみの参加可能ですのご注意ください。

●事前のお申し込みは要りません。

今回の期末テストの注意は

★中間テストが終わって1ヶ月位で、もう期末テスト・・・・・。

と言うことです。

 つまり、数学で言いますと 以前お伝えしましたが、1学期中間テストはどの学年も
テスト範囲は計算だったと思います。
しかし、、期末テストになりますと、その計算を使った 応用問題、文章問題
を中心とした範囲になり、
どんな文章問題が出題されても解けるようになるには、
相当数の練習問題をこなさないといけません
増して、来週、再来週辺りには、期末テスト1週間前となります。

・・・・そうです。
テスト対策は、中間テストの計算問題をこなす以上の時間が掛かると言う事です。

中学1年・・・方程式及び方程式応用。
中学2年・・・連立方程式及び連立方程式応用
中学3年・・・因数分解とか平方根

今日からでも、早速練習問題を数多く解いて行く事をお勧めします。

香里園駅前教室 川添